adsperpage

Libre/Open Office

2016年12月4日日曜日

【Linux CentOS7 1511】VNCビューワーのみインストールする

VNCビューワー(クライアント)のみをインストールした。


□VNCビューワーをインストールした。
(このパッケージにはサーバーは含まない。)

yum install tigervnc


□インストールしたパッケージの情報を表示させた。

# yum info tigervnc
名前                : tigervnc
アーキテクチャー    : x86_64
バージョン          : 1.3.1
リリース            : 4.el7_2
容量                : 517 k
リポジトリー        : installed
提供元リポジトリー  : updates
要約                : A TigerVNC remote display system
URL                 : http://www.tigervnc.com
ライセンス          : GPLv2+
説明                : Virtual Network Computing (VNC) is a remote display system
                    : which allows you to view a computing 'desktop' environment
                    : not only on the machine where it is running, but from
                    : anywhere on the Internet and from a wide variety of
                    : machine architectures.  This package contains a client
                    : which will allow you to connect to other desktops running
                    : a VNC server.

【Linux CentOS 7 1511】NTFSファイルシステムを扱えるようにする

CentOS 7は、デフォルトではNTFSファイシステムを扱えなかった。

そのため、ディスクをNTFSでフォーマットすることもできないし、マウントして読み取ることもできない。
gnome-disk-utilityをつかってNTFSフォーマットを行おうとすると、mkntfsが見つからないというエラーが発生した。

CentOS 7で、NTFSを扱えるようにするには追加でパッケージを導入する必要があった。



□追加パッケージ導入のためepelリポジトリを利用可能にした。

# yum install epel-release


□ntfsファイルシステム用ライブラリとユーティリティを導入した。

# yum install ntfsprogs

以上によって、gnome-disk-utilityを用いて、ntfsでフォーマットもできるようになった


ところで、gnome-disk-utilityは次のようにして導入可能だった。
# yum install gnome-disk-utility


□今回、導入したパッケージの情報を表示させた。

# yum info ntfsprogs
名前                : ntfsprogs
アーキテクチャー    : x86_64
エポック            : 2
バージョン          : 2016.2.22
リリース            : 3.el7
容量                : 982 k
リポジトリー        : installed
提供元リポジトリー  : epel
要約                : NTFS filesystem libraries and utilities
URL                 : http://www.ntfs-3g.org/
ライセンス          : GPLv2+
説明                : The ntfsprogs package currently consists of a library and
                    : utilities such as mkntfs, ntfscat, ntfsls, ntfsresize, and
                    : ntfsundelete (for a full list of included utilities see
                    : man 8 ntfsprogs after installation).

2016年11月22日火曜日

【Linux CentOS 7.1】Windowsリモートデスクトップに接続する


■必要なソフトウェアをインストールした。
# yum install freerdp


■ソフトウェアについて情報を表示させた。
# yum info freerdp
インストール済みパッケージ
名前                : freerdp
アーキテクチャー    : x86_64
バージョン          : 1.0.2
リリース            : 6.el7_2.1
容量                : 612 k
リポジトリー        : installed
提供元リポジトリー  : updates
要約                : Remote Desktop Protocol client
URL                 : http://www.freerdp.com/
ライセンス          : ASL 2.0
説明                : The xfreerdp Remote Desktop Protocol (RDP) client from the
                    : FreeRDP project.
                    :
                    : xfreerdp can connect to RDP servers such as Microsoft
                    : Windows machines, xrdp and VirtualBox.


■リモートデスクトップに接続した。

-g で画面サイズを指定した。(ディスプレイワイドに適切なものを任意に選べた。)
-u でユーザー名を指定した。

横長のディスプレイを使用していたので、
Windowsデスクトップのスタートボタンやタスクバーが表示されなくならないように、適切な高さを指定した。

$ xfreerdp -g 1300x700 -u iamuser 192.168.1.40
connected to 192.168.1.40:3389
Password:
パスワードを入力しエンターを押すと、ウインドウが開きデスクトップ画面が現れた。



<参考>
・freeRDPでlinuxからWindows7にリモートログイン
< http://mylinux.blog42.fc2.com/blog-entry-601.html >

2016年11月17日木曜日

【Linux CentOS 7 64bit】WIFI接続の設定方法(コマンドラインで「nmcli」を使用する。)

☆有線LAN接続の場合は、「【Linux CentOS 7 64bit】コマンドラインから有線LAN接続を開始する方法」を参照



CentOS 7(1511)64bitのminimalインストール(+ MATE)では、初期状態ではwifiを扱えなかった。

以下では、上記のCentOS 7 システムにおいてネットワークマネージャーをWifiに対応させる設定、
そして、Wifiアクセスポイントに接続する設定について記述している。



□設定前の状況を調べた。

ネットワーク接続情報を表示させた。「wlp4s0」がWifiデバイスである。
# nmcli d
デバイス  タイプ    状態      接続
enp5s0    ethernet  接続済み  enp5s0
lo        loopback  管理無し  --  
wlp4s0    wifi      管理無し  -- 

下記コマンドでは、wifiは「有効」にはなっている。
# nmcli radio wifi
有効
設定前のネットワークマネージャーの状態を表示させた。
# systemctl status NetworkManager.service
NetworkManager.service - Network Manager
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/NetworkManager.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since 水 2016-11-16 21:22:27 JST; 1h 30min ago
 Main PID: 668 (NetworkManager)
   CGroup: /system.slice/NetworkManager.service
           ├─ 668 /usr/sbin/NetworkManager --no-daemon
           └─3891 /sbin/dhclient -d -q -sf /usr/libexec/nm-dhcp-helper -pf /var/run/dhclient-enp5s0.pid -lf /var/lib/NetworkManager/dhclient-56655424-ed3c-xxxx-yyyy-...
11月 16 21:52:19 localhost.localdomain dhclient[3891]: DHCPACK from 192.168.1.1 (xid=0x35bfe30f)
11月 16 21:52:19 localhost.localdomain NetworkManager[668]: <info>    address 192.168.1.4
11月 16 21:52:19 localhost.localdomain NetworkManager[668]: <info>    plen 24 (255.255.255.0)
11月 16 21:52:19 localhost.localdomain NetworkManager[668]: <info>    gateway 192.168.1.1
11月 16 21:52:19 localhost.localdomain NetworkManager[668]: <info>    server identifier 192.168.1.1
11月 16 21:52:19 localhost.localdomain NetworkManager[668]: <info>    lease time 259200
11月 16 21:52:19 localhost.localdomain NetworkManager[668]: <info>    nameserver '192.168.1.129'
11月 16 21:52:19 localhost.localdomain NetworkManager[668]: <info>  (enp5s0): DHCPv4 state changed unknown -> bound
11月 16 21:52:19 localhost.localdomain dhclient[3891]: bound to 192.168.1.4 -- renewal in 118396 seconds.
11月 16 21:52:19 localhost.localdomain NetworkManager[668]: <info>  Policy set 'enp5s0' (enp5s0) as default for IPv4 routing and DNS.


■ネットワークマネージャーがwifiを扱えるように設定する。

○wifi用プラグインパッケージの情報を表示させた。
# yum info NetworkManager-wifi
名前                : NetworkManager-wifi
アーキテクチャー    : x86_64
エポック            : 1
バージョン          : 1.0.6
リリース            : 31.el7_2
容量                : 160 k
リポジトリー        : updates/7/x86_64
要約                : Wifi plugin for NetworkManager
URL                 : http://www.gnome.org/projects/NetworkManager/
ライセンス          : GPLv2+
説明                : This package contains NetworkManager support for Wifi and OLPC devices.

☆wifi用プラグインパッケージのインストールを行った。
# yum install NetworkManager-wifi
総ダウンロード容量: 160 k
インストール容量: 115 k
Is this ok [y/d/N]: y
インストール:
  NetworkManager-wifi.x86_64 1:1.0.6-31.el7_2                                                                
完了しました!

☆NetworkManagerサービスを再起動した。
# systemctl restart NetworkManager.service


これによって、デスクトップ環境のLAN接続アイコンから表示されるウィンドウに、
wifiに関する情報が表示されるようになった。

また、次のコマンドで周辺のwifi情報(SSID、モード、チャネル、電波強度、セキュリティー)を取得できた。

# nmcli dev wifi list
*  SSID               モード    CHAN  レート     信号  バー  セキュリティ
   <xxxxxxxxx>      インフラ  6     54 Mbit/s  84    ▂▄▆█  WPA2      
   <xxxxxxxxx>      インフラ  5     54 Mbit/s  39    ▂▄__  WPA1 WPA2  
   <xxxxxxxxx>      インフラ  1     54 Mbit/s  35    ▂▄__  WPA1 WPA2  
   <xxxxxxxxx>      インフラ  11    54 Mbit/s  37    ▂▄__  WPA2      
   <xxxxxxxxx>      インフラ  7     54 Mbit/s  37    ▂▄__  WEP        
   <xxxxxxxxx>      インフラ  11    54 Mbit/s  39    ▂▄__  WPA1 WPA2  
   <xxxxxxxxx>      インフラ  1     54 Mbit/s  37    ▂▄__  WPA1      
   <xxxxxxxxx>      インフラ  5     54 Mbit/s  35    ▂▄__  WPA2      
   <xxxxxxxxx>      インフラ  7     54 Mbit/s  34    ▂▄__  WEP        
   <xxxxxxxxx>      インフラ  6     54 Mbit/s  35    ▂▄__  --        
   <xxxxxxxxx>      インフラ  7     54 Mbit/s  35    ▂▄__  WPA1 WPA2  
   <xxxxxxxxx>      インフラ  1     54 Mbit/s  35    ▂▄__  WPA2      
   <xxxxxxxxx>      インフラ  11    54 Mbit/s  35    ▂▄__  WPA2      
   <xxxxxxxxx>      インフラ  6     54 Mbit/s  35    ▂▄__  WPA1 WPA2

下記のように、ネットワークマネージャーがwifiインターフェイス「wlp40s」を扱っていることがわかる。

# systemctl status NetworkManager.service
NetworkManager.service - Network Manager
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/NetworkManager.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since 水 2016-11-16 22:53:33 JST; 3min 35s ago
 Main PID: 5683 (NetworkManager)
   CGroup: /system.slice/NetworkManager.service
           ├─5683 /usr/sbin/NetworkManager --no-daemon
           └─5696 /sbin/dhclient -d -q -sf /usr/libexec/nm-dhcp-helper -pf /var/run/dhclient-enp5s0.pid -lf /var/lib/NetworkManager/dhclient-56655424-ed3c-xxxx-yyyy-...
11月 16 22:53:34 localhost.localdomain NetworkManager[5683]: <info>  startup complete
11月 16 22:53:34 localhost.localdomain NetworkManager[5683]: <info>  (enp5s0): device state change: ip-config -> ip-check (reason 'none') [70 80 0]
11月 16 22:53:34 localhost.localdomain dhclient[5696]: bound to 192.168.1.4 -- renewal in 111153 seconds.
11月 16 22:53:34 localhost.localdomain NetworkManager[5683]: <info>  (enp5s0): device state change: ip-check -> secondaries (reason 'none') [80 90 0]
11月 16 22:53:34 localhost.localdomain NetworkManager[5683]: <info>  (enp5s0): device state change: secondaries -> activated (reason 'none') [90 100 0]
11月 16 22:53:34 localhost.localdomain NetworkManager[5683]: <info>  NetworkManager state is now CONNECTED_GLOBAL
11月 16 22:53:34 localhost.localdomain NetworkManager[5683]: <info>  NetworkManager state is now CONNECTED_SITE
11月 16 22:53:34 localhost.localdomain NetworkManager[5683]: <info>  NetworkManager state is now CONNECTED_GLOBAL
11月 16 22:53:34 localhost.localdomain NetworkManager[5683]: <info>  (enp5s0): Activation: successful, device activated.
11月 16 22:53:34 localhost.localdomain NetworkManager[5683]: <info>  (wlp4s0): supplicant interface state: ready -> inactive



■Wifiアクセスポイントに接続するための設定を行った。

☆nmcliを使って接続情報を作成した。
# nmcli con add con-name wlp4s0 ifname wlp4s0 type wifi ssid xxxxxxxxxx
接続 'wlp4s0' (<UUID略>) が正常に追加されました。

○作成された情報を確認した。
# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-wlp4s0 
ESSID="xxxxxxxxxx"
MODE=Managed
TYPE=Wireless
BOOTPROTO=dhcp
DEFROUTE=yes
PEERDNS=yes
PEERROUTES=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_PEERDNS=yes
IPV6_PEERROUTES=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
NAME=wlp4s0
UUID=<UUID略>
DEVICE=wlp4s0
ONBOOT=yes

○接続テスト1(必要な情報が不足しているので、失敗した。)
# nmcli con up wlp4s0
エラー: 接続のアクティベートに失敗しました。

☆接続情報に、セキュリティーモードを追加した。
# nmcli con modify wlp4s0 wifi-sec.key-mgmt wpa-psk

○接続テスト2(必要な情報が不足しているので、失敗した。)
# nmcli con up wlp4s0
ワイヤレスネットワーク 'xxxxxxxxxx' へのアクセスにはパスワードまたは暗号キーが必要です。
Warning: password for '802-11-wireless-security.psk' not given in 'passwd-file' and nmcli cannot ask without '--ask' option.
エラー: 接続のアクティベートに失敗しました。

☆接続情報に、パスワードを追加した。
# nmcli con modify wlp4s0 wifi-sec.psk WIFIpassword

☆接続(成功)
# nmcli con up wlp4s0
接続が正常にアクティベートされました (D-Bus アクティブパス: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/4)

これで、システムの再起動後でも、上記で設定したwifi接続が自動的に行われた。
(ただし、ONBOOT=yesになっている必要がある。)


○切断するには接続名を与えて次のコマンドを使う。
# nmcli con down wlp4s0
Connection 'wlp4s0' successfully deactivated (D-Bus active path: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/4)
<完了>



□さらに見てみる。

○接続情報を確認した。(WIFIパスワードはここには保存されていなかった。)
# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-wlp4s0 
ESSID="xxxxxxxxxx"
MODE=Managed
TYPE=Wireless
BOOTPROTO=dhcp
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
NAME=wlp4s0
UUID=<UUID略>
DEVICE=wlp4s0
ONBOOT=yes
KEY_MGMT=WPA-PSK
PEERDNS=yes
PEERROUTES=yes
IPV6_PEERDNS=yes
IPV6_PEERROUTES=yes

○wpa_supplicantというサービスが動作していた。
# systemctl status wpa_supplicant.service
wpa_supplicant.service - WPA Supplicant daemon
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/wpa_supplicant.service; disabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 水 2016-11-16 23:53:30 JST; 50min ago
 Main PID: 699 (wpa_supplicant)
   CGroup: /system.slice/wpa_supplicant.service
           └─699 /usr/sbin/wpa_supplicant -u -f /var/log/wpa_supplicant.log -c /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf -u -f /var/log/wpa_supplicant.log -P /var/run/...
11月 16 23:53:30 localhost.localdomain systemd[1]: Starting WPA Supplicant daemon...
11月 16 23:53:30 localhost.localdomain systemd[1]: Started WPA Supplicant daemon.

○テスト(wpa_supplicantサービスを停止してみた。)
# systemctl stop wpa_supplicant.service

すると、Wifi接続が切断されたが、しかしすぐに自動的に再接続された。

このとき、wpa_supplicantというサービスも自動的に再開された。
# systemctl status wpa_supplicant.service
wpa_supplicant.service - WPA Supplicant daemon
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/wpa_supplicant.service; disabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since 木 2016-11-17 00:44:31 JST; 5s ago
 Main PID: 4217 (wpa_supplicant)
   CGroup: /system.slice/wpa_supplicant.service
           └─4217 /usr/sbin/wpa_supplicant -u -f /var/log/wpa_supplicant.log -c /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf -u -f /var/log/wpa_supplicant.log -P /var/run...
11月 17 00:44:31 localhost.localdomain systemd[1]: Starting WPA Supplicant daemon...
11月 17 00:44:31 localhost.localdomain systemd[1]: Started WPA Supplicant daemon.

この情報から、ログファイルが、/var/log/wpa_supplicant.log であることがわかった。



<参考>
・2.3. USING THE NETWORKMANAGER COMMAND LINE TOOL, NMCLI
< https://access.redhat.com/documentation/en-US/Red_Hat_Enterprise_Linux/7/html/Networking_Guide/sec-Using_the_NetworkManager_Command_Line_Tool_nmcli.html > 2016年11月16日

・Re: CentOS 7 and NetworkManager-gnome package
< https://mail.gnome.org/archives/networkmanager-list/2015-October/msg00022.html > 2016年11月16日

・NetworkManager / Wireless On Latest CentOS7 Installs
< http://centosfaq.org/centos/networkmanager-wireless-on-latest-centos7-installs/ > 2016年11月16日

・CentOS7 で nmcli を使ったWiFi接続できた
< https://papairoiro.blogspot.jp/2015/08/centos7-nmcli-wifi-nuc5ppyh.html > 2016年11月14日

・CentOS7でステルスSSIDへ接続する方法
< http://qiita.com/vuyuky/items/64e8fdd11e3f7ceaa49c > 2016年11月14日

2016年11月16日水曜日

【Linux CentOS 7(1511)64bit】ブラウザChromiumをepelリポジトリからyumで導入した。

☆Google Chromeのインストールは、

【Linux CentOS 7(1511)64bit】ブラウザGoogle Chromeの専用リポジトリ導入とインストールを参照してください。



CentOS 7(1511)64bit  +  デスクトップ環境「MATE」に、Chromiumをインストールした。
epelリポジトリだけで導入が可能だった。


□システムの情報を表示させた。
予め、yum update でシステムの更新を行った。

# uname -a
Linux localhost.localdomain 3.10.0-327.36.3.el7.x86_64 #1 SMP Mon Oct 24 16:09:20 UTC 2016 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux


■Chromium導入のためのepelリポジトリを利用する設定を行った。

# yum install epel-release



■Chromiumをインストールした。

# yum install chromium
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
 * epel: ftp.jaist.ac.jp
 * extras: ftp.iij.ad.jp
 * updates: ftp.iij.ad.jp
依存性の解決をしています
依存性を解決しました
================================================================================
 Package                      アーキテクチャー
                                        バージョン             リポジトリー
                                                                           容量
================================================================================
インストール中:
 chromium                     x86_64    53.0.2785.143-1.el7    epel        30 M
依存性関連でのインストールをします:
 avahi                        x86_64    0.6.31-15.el7_2.1      updates    263 k
 chromium-libs                x86_64    53.0.2785.143-1.el7    epel        38 M
 chromium-libs-media          x86_64    53.0.2785.143-1.el7    epel       1.3 M
 dotconf                      x86_64    1.3-8.el7              base        27 k
 espeak                       x86_64    1.47.11-4.el7          base       1.1 M
 festival                     x86_64    1.96-28.el7            base       1.3 M
 festival-freebsoft-utils     noarch    0.10-7.el7             base        36 k
 festival-lib                 x86_64    1.96-28.el7            base       458 k
 festival-speechtools-libs    x86_64    1.2.96-28.el7          base       1.0 M
 festvox-slt-arctic-hts       noarch    0.20061229-28.el7      base       1.0 M
 flite                        x86_64    1.3-22.el7             base       6.1 M
 nss-mdns                     x86_64    0.10-12.el7            epel        29 k
 sox                          x86_64    14.4.1-6.el7           base       398 k
 speech-dispatcher            x86_64    0.7.1-15.el7           base       363 k
トランザクションの要約
================================================================================
インストール  1 パッケージ (+14 個の依存関係のパッケージ)
総ダウンロード容量: 82 M
インストール容量: 285 M
Is this ok [y/d/N]: y

インストール:
  chromium.x86_64 0:53.0.2785.143-1.el7                                                                                                                              
依存性関連をインストールしました:
  avahi.x86_64 0:0.6.31-15.el7_2.1                          chromium-libs.x86_64 0:53.0.2785.143-1.el7         chromium-libs-media.x86_64 0:53.0.2785.143-1.el7      
  dotconf.x86_64 0:1.3-8.el7                                espeak.x86_64 0:1.47.11-4.el7                      festival.x86_64 0:1.96-28.el7                        
  festival-freebsoft-utils.noarch 0:0.10-7.el7              festival-lib.x86_64 0:1.96-28.el7                  festival-speechtools-libs.x86_64 0:1.2.96-28.el7      
  festvox-slt-arctic-hts.noarch 0:0.20061229-28.el7         flite.x86_64 0:1.3-22.el7                          nss-mdns.x86_64 0:0.10-12.el7                        
  sox.x86_64 0:14.4.1-6.el7                                 speech-dispatcher.x86_64 0:0.7.1-15.el7        
完了しました!


デスクトップ環境「MATE」の場合、
「アプリケーション」→「インターネット」項目に、Chromiumの青いアイコンが現れ、起動できるようになった。

2016年11月15日火曜日

【Linux CentOS 7 64bit】コマンドラインから有線LAN接続を開始する方法

☆WIFI接続を使用する方法は「【Linux CentOS 7 64bit】WIFI接続の設定方法(コマンドラインで「nmcli」を使用する。)」を参照



■有線LAN接続を有効にしてDHCPでIPアドレスを取得した。

有線LANケーブルをPCのLANポートに繋げた後、次の操作を行った。

○接続状態を確認した。
# nmcli d
デバイス  タイプ    状態      接続
enp5s0    ethernet  切断済み  --
lo        loopback  管理無し  --
wlp4s0    wifi      管理無し  --
LANポートは上記のenp5s0というデバイス名で識別されているが、まだ接続されていない。


○接続を開始した。
# nmcli con up enp5s0
接続が正常にアクティベートされました (D-Bus アクティブパス: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/1)
(注意)このようにして接続を開始できるのは、最初から既に、
「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp5s0」として設定ファイルが存在しているからである。
デバイス名「enp5s0」と接続情報「enp5s0」は同じものではない。
例えば、デバイス名「enp5s0」に対してそれを利用する任意の名前の接続情報を作成することも可能である。
この作成も「nmcli」コマンドの別のオプションで行う。


○DHCPで取得されたIPアドレスを確認した。
# ip a
<略>
○接続状態を確認した。
# nmcli d
デバイス  タイプ    状態      接続
enp5s0    ethernet  接続済み  enp5s0 
lo        loopback  管理無し  --  
wlp4s0    wifi      管理無し  --     

以上の手順では、システムが再起動時にも接続は自動的に開始されない。
次の方法で、ネットワークサービスの起動時に接続を自動的に開始するように設定する必要がある



■システムの起動に際して自動的にLAN接続が開始されるようにした。

下記のように、ONBOOT設定がnoになっていることがわかる。
これではネットワークサービス起動時にこのLAN接続は自動起動しない。

# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp5s0
TYPE=Ethernet
BOOTPROTO=dhcp
DEFROUTE=yes
PEERDNS=yes
PEERROUTES=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_PEERDNS=yes
IPV6_PEERROUTES=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
NAME=enp5s0
UUID=<略>
DEVICE=enp5s0
ONBOOT=no

○ネットワークサービス開始時に自動起動するようにした。

# nmcli con mod enp5s0 connection.autoconnect yes

下記のように、ONBOOT項目がyesに書き変わった。

# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp5s0
TYPE=Ethernet
BOOTPROTO=dhcp
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
NAME=enp5s0
UUID=<略>
DEVICE=enp5s0
ONBOOT=yes
PEERDNS=yes
PEERROUTES=yes
IPV6_PEERDNS=yes
IPV6_PEERROUTES=yes


【Linux CentOS 7 64bit】廃止されたRPMForgeリポジトリをそれでも使用する方法

RepoForgeは廃止され、利用は推奨されていない。
それでも使用したい場合の手順についても記した。

使用してわかったが、el6用には提供されているパッケージでも、
el7用には提供されていないものが多々あった。


1、経緯(2016年11月15日現在)

 2016年7月に、RPMForgeのリポジトリにはアクセスできなくなった。
RPMForgeは廃止されたプロジェクトでメンテナンスが行われていない。
使用すべきではないと言われている
RPMForge本家のページにはアクセスできるものの、
リポジトリ登録用のパッケージはダウンロードできなくなっていた。

 しかし、世界的にまだRPMForgeのリポジトリを必要とされているらしく、
このような状況で、ある人(davidhrbac)がRPMForgeリポジトリ回復を試みた。
この人により新しいマスターサイト(http://repository.it4i.cz/mirrors/repoforge/)が構築され
また、ミラーを運用しているサイトにも連絡が取られたらしい。
新しいマスターサイトにはミラーリストがあり、.jpドメインのものも存在していた。
下記は、el7のものである。
http://mirror.fairway.ne.jp/dag/redhat/el7/en/$ARCH/extras
http://ftp.riken.jp/pub/Linux/dag/redhat/el7/en/$ARCH/extras
 しかし、RPMForgeは廃止されたプロジェクトでメンテナンスが行われていないため、
使用するべきものではないことは変わらない
新しいマスターサイトでもパッケージの更新は行われていない。



2、それでもRPMForgeを使用する。

○新しいマスターサイトからリポジトリ導入用のパッケージをインストールした。

この例では、CentOS 7 64bitでの利用を想定している。
(別バージョンのものもディレクトリを遡れば見つかった。)

# yum install http://repository.it4i.cz/mirrors/repoforge/redhat/el7/en/x86_64/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.5.3-1.el7.rf.x86_64.rpm


○次のディレクトリにrpmforge用のrepoファイルが作成された。

# ls /etc/yum.repos.d/
CentOS-Base.repo  CentOS-Debuginfo.repo  CentOS-Sources.repo  CentOS-fasttrack.repo  epel.repo           mirrors-rpmforge         mirrors-rpmforge-testing
CentOS-CR.repo    CentOS-Media.repo      CentOS-Vault.repo    epel-testing.repo      google-chrome.repo  mirrors-rpmforge-extras  rpmforge.repo

○中身を確認した。

# cat /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
### Name: RPMforge RPM Repository for RHEL 7 - dag
### URL: http://rpmforge.net/
[rpmforge]
name = RHEL $releasever - RPMforge.net - dag
baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el7/en/$basearch/rpmforge
mirrorlist = http://mirrorlist.repoforge.org/el7/mirrors-rpmforge
#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge
enabled = 1
protect = 0
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
gpgcheck = 1
[rpmforge-extras]
name = RHEL $releasever - RPMforge.net - extras
baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el7/en/$basearch/extras
mirrorlist = http://mirrorlist.repoforge.org/el7/mirrors-rpmforge-extras
#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge-extras
enabled = 0
protect = 0
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
gpgcheck = 1
[rpmforge-testing]
name = RHEL $releasever - RPMforge.net - testing
baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el7/en/$basearch/testing
mirrorlist = http://mirrorlist.repoforge.org/el7/mirrors-rpmforge-testing
#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge-testing
enabled = 0
protect = 0
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag
gpgcheck = 1

以上

<参考>
・pkgs.repoforge.org is DOWN #375
< https://github.com/repoforge/rpms/issues/375 > 2016年11月15日

・1. RPMforge/RepoForge status
< https://wiki.centos.org/AdditionalResources/Repositories/RPMForge > 2016年11月15日

・Compile on Fedora 20
< https://github.com/FreeRDP/Remmina/wiki/Compile-on-Fedora-20 > 2016年11月15日